大分 博愛 理事長挨拶 発達障害 認知症 精神科

〒870-0868 大分市野田1111番地
TEL.097-586-0888 (代表) FAX.097-586-0889

医療法人謙誠会理事長当法人は1986(昭和61年)、緑豊かな大分市野田の大地に博愛診療所を開院致しましたが、歴史の始まりはずっと古く、1958年(昭和33)年、社会福祉法人博愛会の前理事長で当法人の会長、釘宮謙司が知的障害を持つ人々の生活の場"博愛寮"を立てた時にさかのぼります。私の父釘宮謙司は「知的障害を持つ人たちが社会の中で暮らしていく方法」を、福祉の分野で一生懸命模索してまいりました。そんな環境で育った私は、知的障害者が持つハンデキャップを医療の分野で克服できないものかと考え、医師となり精神神経医学を学び、「知的障害」「てんかん」の診断と治療を学びました。
博愛診療所を開院後は、精神科疾患に取り組むために、まず「チーム医療」の充実が不可欠であると考え、専門医療スタッフの育成に努力しました。

博愛診療所

博愛診療所における認知症等に対する医療と具体的支援のあり方について

1988(昭和63)年、これからの地域精神医療の要は「在宅医療」であると考え、精神科及び老人のデイ・ケアを県下に先駆けて開設し、虚弱高齢者や認知症の方々に対し、家族の介護負担の軽減とリハビリテーションを目的に、入院と重度認知症デイ・ケアを組み合わせた在宅支援システムの確立に努力しました。私達はこれまで住み慣れたご自宅の「ベッドを人生の最後まで守る」をコンセプトに昼間のケアとリハビリの充実を支援し夜は自宅のベッドで寝ることを支援しています。この「自宅のベッドを守る」ため、2012(平成24)年4月老人保健施設「狐兎如庵(ことことあん)を設置し、入所施設を「終の棲家(ついのすみか)」とせず、あくまでも自宅ベッドを守るための支援として、ショートスティや短期入所などでホテルの様に利用し、ご本人のリハビリとご家族のリフレッシュのお役に立てればと考えております。
また心身に障害を持つ成人の方々に精神科デイ・ケアを行い、在宅での自立と社会参加への働きかけを行ってまいりました。

博愛病院

博愛病院における発達障害に対する医療と具体的支援のあり方について

2003(平成15)年、博愛病院を開院し知的障害及び発達障害に対し早期診断と一貫した医療支援を実現するため、博愛こども成育医療センターを併設し児童精神科医療の充実に努力しました。
2010(平成22)年4月、指定就労継続支援B型施設ゲニー工房を開設し、発達障害の小児期から成人まで早期診断から就労に至る、ライフステージに応じた支援プログラムを完成させることができました。

発達障害に対する私たちの考え
発達障害には自閉症、アスペルガー障害、AD/HD、LDの4つのタイプがあり、それらは互いに併存するものと考えています。また、発達障害の4つのタイプは、それぞれ知的障害を伴わないいわゆる「高機能タイプ」と知的障害を伴う「知的障害併存タイプ」が存在すると考えています。私たちは発達障害が持つ様々な特性は才能であり障害とは考えていません。そして、その才能を発見し、分析し、伸ばし、特性への理解と不適切な成育環境が招く「発達障害の二次障害、不登校、ひきこもり、被虐待、自信の喪失、対人コミュニケーション障害、愛着の障害」といった負のマーチを防ぎ、私たちが考案した「遊び込み」の技法で彼等を真の「天才」「秀才」「冒険家」に育てる努力をしています。

私たちが目指すもの

私たちは、幼児期から100歳まで、あたたかく質の高い「在宅支援」と「社会参加への支援」を確立することを基本理念に、「発達障害」「認知症」「てんかん」「知的障害」等、様々な課題を抱える方々の安心のため、自己研鑽し、信頼される精神保健福祉の実現にたゆまぬ努力を続けます。

医療法人 謙誠会 理事長 釘宮誠司

私たちの支援の実際をご紹介します

発達障害支援プログラムライフステージに応じた支援の紹介博愛の認知症デイケア

ページの上部に戻る